Top >  学資保険の選び方 >  目的で選ぶ

スポンサードリンク

目的で選ぶ

学資保険選ぶ目的は、なんといっても貯蓄にあります。
学資保険は契約者がなくなった場合でも、満期の貯蓄が保障されています。
普通の貯蓄と違い、貯蓄と保障の2点が保障されるという点で、学資保険を選ぶほうがお得だといえるのではないでしょうか。
ただし、学資保険に必要ないものを付加して元本割れしてしまっては意味がありません。
では、学資保険に必要のないものとは何でしょう?
例えば、契約者(親)が亡くなった場合の大きな死亡保障です。
契約者の万一のときのためという目的で、大きな死亡保障をつけることは意味がないのではないでしょうか。
契約者(親)は学資保険とは別に、生命保険に入っている場合がほとんどですから、その生命保険の死亡保障で十分まかなえるはずですね。
子供の医療費を目的とした医療特約も必要があるのでしょうか?
子供が死亡するなどの万が一のときに、経済的に困ることなどないのに、非契約者である子供の死亡保障をつける必要も、もちろんありません。
子供が病気になったとしても、まだ赤ちゃんの場合には、現在住んでいる所の乳児医療制度を利用することで十分ではないですか?
目的に対して、シンプルな学資保険のプランを選ぶことが、学資保険の選び方のひとつの方法かもしれません。

Google
         

学資保険の選び方

学資保険を選ぶポイントを知っておくだけで、面倒くさく思える学資保険選びも、 スッキリ理解できます。 ポイントをおさえて、お子さんにベストの学資保険をみつけましょう。

関連エントリー

学資保険:年払い タイプ別比較(2) タイプ別比較(1) 満期保険金の設定 無理のない設定で 利息で選ぶ 目的で選ぶ ポイントその2 ポイントその1


メールマガジン
メルマガ登録・解除
学資保険メール講座
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
お読み下さい
    当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。広告配信事業者(Google社)は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、cookieと呼ばれる、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。ユーザーは Google社の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。