Top >  学資保険の選び方 >  無理のない設定で

スポンサードリンク

無理のない設定で

学資保険の選び方として、何を基準したらいいでしょう。
いくら子供のために教育資金を貯めようと頑張っても、学資保険の支払額が家計に負担を与えて生活が苦しくなってしまっては、本末転倒になってしまいます。
学資保険はかけ続けなければ、意味がありません。
無理な保険料で契約してしまって、解約した場合、年数によっては元金割れになり、貯蓄としての意味がなくなることがあります。
だからこそ毎月の払込額は、くれぐれも無理のない設定で、長期にわたってコツコツ貯めていくのがよいでしょう。
しかしながら、学資保険の支払方法には、月払いだけでなく、半年払いや年払い、一時払いというものあります。
ボーナスに余裕のある人は、まとめ払いをして、より利息を上げるという方法もあります。
でも、やはり無理はいけません。
払込額は、月収、年収を充分に考慮して学資保険の保険料を設定しましょう。

Google
         

学資保険の選び方

学資保険を選ぶポイントを知っておくだけで、面倒くさく思える学資保険選びも、 スッキリ理解できます。 ポイントをおさえて、お子さんにベストの学資保険をみつけましょう。

関連エントリー

学資保険:年払い タイプ別比較(2) タイプ別比較(1) 満期保険金の設定 無理のない設定で 利息で選ぶ 目的で選ぶ ポイントその2 ポイントその1


メールマガジン
メルマガ登録・解除
学資保険メール講座
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
お読み下さい
    当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。広告配信事業者(Google社)は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、cookieと呼ばれる、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。ユーザーは Google社の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。