Top >  学資保険と税金 >  満期学資金

スポンサードリンク

満期学資金

学資保険満期学資金を受け取る場合、そのお金を誰が受け取るかによって、税金のかかり方が違ってきます。
考えられるパターンとしては3つあります。
・学資保険の満期学資金の受取人が契約者の場合
・学資保険の満期学資金の受取人が被保険者の場合
・学資保険の満期学資金の受取人が契約者・被保険者以外の場合
まず、満期学資金の受取人が契約者の場合、契約者の一時所得として課税されます。
満期金-払込保険料の総額-50万÷2=課税対象額となります。
この計算をして差額が残っているのであれば、他の所得と合算して所得税の対象となるわけです。
満期学資金の受取人が、被保険者または、契約者・被保険者以外の人の場合は(契約者が受取人でない場合)、学資保険の満期金は契約者から受取人への贈与をみなされ、受取人に贈与税がかかることになります。
契約者が父親、受取人が母親となっている場合などは、贈与税の課税対象となり、母親が納税しなくてはならなくなるわけです。
贈与税の計算式は、満期学資金-基礎控除額110万円=贈与税の課税対象額となります。
例えば、学資保険の満期学資金が200万円の場合、一時所得として計算した場合は金額が残らず、課税対象となりませんが、贈与税の計算で考えると、90万円が課税対象となってしまいます。
贈与税の税率は、所得税の税率よりも高く設定されているのです。
少しでも多くの学資保険の満期学資金を受け取りたいのであれば、契約者と受取人が違う場合は、今一度検討したほうがよいかもしれません。

Google
         

学資保険と税金

関連エントリー

満期学資金 学資保険と課税:育児年金 祝い金 生命保険控除


メールマガジン
メルマガ登録・解除
学資保険メール講座
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
お読み下さい
    当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。広告配信事業者(Google社)は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、cookieと呼ばれる、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。ユーザーは Google社の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。