Top >  基礎知識 >  学資保険の契約者は?

スポンサードリンク

学資保険の契約者は?

学資保険を申し込むときに、契約者を母親にし、保険料の支払はご主人の口座から・・・というのは、よくあるパターンです。
しかし、その前にちょっと注意することがあります。
教育資金の準備として学資保険を選ぶメリットとして、契約者に万が一のことがあったときに払込料が免除されるという点があります。
契約者が母親の場合、父親に万が一のことがあったときには、父親に代わって保険料を支払わなければならなくなります。
もうひとつ考えたいのが満期学資金・祝い金などにかかる税金です。
満期学資金などにかかる税金は、誰が契約し、誰がお金を受け取るのかによって税金の種類が違ってきます。
母親が契約者で、受取人も母親であれば、普通は母親の一時所得となり、所得税が課税されます。
しかし、母親が契約者で、受取人を母親にしていても、実際に保険料を支払っているのは父親です。
父親が保険料の実質負担者となり、満期学資金は父親から、母親への贈与税とみなされる可能性が高いのです。
一般的に、贈与税は所得税よりも税率が高くなっています。
せっかく教育資金を準備するのなら、少しでも多いことに越したことはありません。
契約形態をよく考えて決めることをおすすめします。

Google
         

基礎知識

学資保険の基本的な知識について解説しています。

関連エントリー

奨学金 民間教育ローン 公的教育ローン 通信販売と対面販売 配当金 学資保険のリスク 18歳満期の学資保険 学資保険と子ども共済 学資保険の税金 「据え置き制度」と「児童手当制度」 見直し 学資保険の契約者は? 育英年金特約 お子さんの補償 契約者(親)の補償 解約


メールマガジン
メルマガ登録・解除
学資保険メール講座
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
お読み下さい
    当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。広告配信事業者(Google社)は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、cookieと呼ばれる、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。ユーザーは Google社の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。