Top >  学資保険とは >  学資保険のメリット・デメリット

スポンサードリンク

学資保険のメリット・デメリット

学資保険のメリットとデメリットはなんでしょうか?
学資保険のメリットは、まずは確実に一定額の教育資金を貯められるということです。
日々の生活に追われる中、ついだらだらとお金を使ってしまいがちな中で、自分の意思で教育資金を貯めることは中々大変なことです。
自分で貯蓄することに自信のない人には、学資保険が心強い味方になってくれるというのもメリットです。
そして、学資保険は貯蓄型の保険ですから、満期金を必ず受け取ることが出来るということもメリットです。
子供に万が一のことがあった場合には、死亡保険金として、元気に満期を迎えれば満期学資金として。いずれにしても、確実に一定額を受け取ることが出来るわけです。
また、契約者に万が一のことがあったときに、保険料の払い込みが免除になる学資保険もあるので、これはまた魅力です。
とはいえ、学資保険にもデメリットはつきものです。学資保険の加入時期によりますが、加入年数が少ない場合、多くの学資保険は、元本割れもしくは低金利しかつかないということがデメリットです。
相次いで破綻するここ数年の保険会社を見ていると、配当金など当てに出来るものではありません。
まだまだ不況の時代は続いています。物価の上昇や、少子化によって教育費が上がることもないとはいえません。学資保険の受け取り金額は確定したものなので、インフレには対応できず、実質的に財産としての価値は少なくなってしまう恐れもあるということも学資保険のデメリットといえるでしょう。

Google
         

学資保険とは

関連エントリー

学資保険の「元本割れ」 学資保険は必要? 学資保険で教育費を 学資保険のメリット・デメリット


メールマガジン
メルマガ登録・解除
学資保険メール講座
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
お読み下さい
    当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。広告配信事業者(Google社)は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、cookieと呼ばれる、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。ユーザーは Google社の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。