Top >  学資保険とは >  学資保険で教育費を

スポンサードリンク

学資保険で教育費を

学資保険は、貯蓄性の高い保険とされ、基本的には、計画的に子どもの教育費を貯めることを目的としています。
学資保険のタイプとして、契約者である親が死亡した場合は、その後支払うべき保険料が免除されたり、子どもの死亡時にも保険金が受けられるタイプもあります。
15歳か18歳など、一定の年齢で満期保険金が受け取れることが一般的で、中学校や高校入学時に、お祝い金としてもらえるタイプがあります。
現在の学資保険といえば、郵便局の学資保険をイメージしますが、毎年70万件の加入があるそうです。
現代の子どもの教育費は、およそ1,000万円といわれます。
子どもの誕生と同時に、将来の教育費を考え、早めの資金準備として、学資保険に加入しませんか。

Google
         

学資保険とは

関連エントリー

学資保険の「元本割れ」 学資保険は必要? 学資保険で教育費を 学資保険のメリット・デメリット


メールマガジン
メルマガ登録・解除
学資保険メール講座
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
お読み下さい
    当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。広告配信事業者(Google社)は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、cookieと呼ばれる、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。ユーザーは Google社の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。