Top >  基礎知識 >  見直し

スポンサードリンク

見直し

学資保険選びのポイントとして、目的をはっきり明確にすることで、保障型と貯蓄型の2種類から選ぶことを挙げましたが、学資保険の見直しを考えたとき、この2種類が大切なポイントとなります。
今、どの種類の学資保険に入っているのか、保障内容などよく理解し、将来を考え見直しましょう。
子どもが誕生して、すぐに学資保険に入っても、大学入学までには18年間の月日が流れます。
国公立大学の授業料が、昭和55年から平成7年までの15年間で約2.5倍という事実がありますが、その間の物価の上昇率なども考えれば、教育費をすべて学資保険だけで準備することは、考えないほうがいいでしょう。
まず、その期間の収入と支出がどのくらいかかるのか、じっくりと考え、その方法のひとつとして、学資保険の見直しがあると思ってください。
各保険会社の学資保険の資料を集め、検討してみるのも、ひとつの方法です。

Google
         

基礎知識

学資保険の基本的な知識について解説しています。

関連エントリー

奨学金 民間教育ローン 公的教育ローン 通信販売と対面販売 配当金 学資保険のリスク 18歳満期の学資保険 学資保険と子ども共済 学資保険の税金 「据え置き制度」と「児童手当制度」 見直し 学資保険の契約者は? 育英年金特約 お子さんの補償 契約者(親)の補償 解約


メールマガジン
メルマガ登録・解除
学資保険メール講座
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
お読み下さい
    当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。広告配信事業者(Google社)は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、cookieと呼ばれる、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。ユーザーは Google社の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。