Top >  基礎知識 >  「据え置き制度」と「児童手当制度」

スポンサードリンク

「据え置き制度」と「児童手当制度」

学資保険には「据え置き制度」と「児童手当制度」があります。
学資保険には、満期にならなくても中学や高校などの進学時に祝金を受け取ることが出来るプランがあります。
この祝金を受け取らず、そのまま保険会社に預けておくことを「据え置き制度」といいます。
「据え置き制度」を利用すると、預けている間に利子が付き、満期時には利息が付いた祝金もまとめて受け取ることが出来ます。
ただし、各保険会社によって利率は異なります。
「児童手当制度」とは、11~12歳までの子どもを抱えた親に国からお金が支給される制度です。
児童手当の金額は、2人までは1人あたり月5,000円、3人目以降は1人あたり月10,000円が国から支給されます。
その為、「児童手当制度」を活用することで学資保険の保険料に児童手当を充当することが出来ます。
学資保険に入る前に「据え置き制度」と「児童手当制度」を念頭に置いて検討すると、計画も立てやすいのではないでしょうか。

Google
         

基礎知識

学資保険の基本的な知識について解説しています。

関連エントリー

奨学金 民間教育ローン 公的教育ローン 通信販売と対面販売 配当金 学資保険のリスク 18歳満期の学資保険 学資保険と子ども共済 学資保険の税金 「据え置き制度」と「児童手当制度」 見直し 学資保険の契約者は? 育英年金特約 お子さんの補償 契約者(親)の補償 解約


メールマガジン
メルマガ登録・解除
学資保険メール講座
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
お読み下さい
    当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。広告配信事業者(Google社)は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、cookieと呼ばれる、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。ユーザーは Google社の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。