Top >  基礎知識 >  学資保険と子ども共済

スポンサードリンク

学資保険と子ども共済

子どもの保障を厚くする方法に、学資保険以外に共済の子ども共済があります。
子ども共済が備わっているのは「こくみん共済」「生協共済」「県民共済」などです。
子ども共済とは、学資保険とは異なり教育資金を積み立てる保険ではありませんが、子どもの万が一に備える為の保険です。
その為、月々の保険料が900円~2,000円とかなり安くなっています。
学資保険と異なり満期保険料はありませんが、保障面は厚くカバーしてくれます。
その為、貯蓄を重視した学資保険と、保障を重視した子ども共済を組み合わせれば、貯蓄も保障もカバーすることが出来るのです。
学資保険への加入を考えておられ方、子ども共済も念頭に置いて検討してみるといいかもしれません。
子ども共済の詳しい内容については、各共済にてお問合せ下さい。

Google
         

基礎知識

学資保険の基本的な知識について解説しています。

関連エントリー

奨学金 民間教育ローン 公的教育ローン 通信販売と対面販売 配当金 学資保険のリスク 18歳満期の学資保険 学資保険と子ども共済 学資保険の税金 「据え置き制度」と「児童手当制度」 見直し 学資保険の契約者は? 育英年金特約 お子さんの補償 契約者(親)の補償 解約


メールマガジン
メルマガ登録・解除
学資保険メール講座
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
お読み下さい
    当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。広告配信事業者(Google社)は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、cookieと呼ばれる、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。ユーザーは Google社の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。