Top >  用語解説 >  予定利率

スポンサードリンク

予定利率

学資保険でよく使われる用語予定利率について説明します。
学資保険用語で言う予定利率とは、学資保険を契約する時に保険会社が約束するお金の運用利回りのことです。
通常、予定利率は満期まで変更することなく固定されています。
保険会社は予定利率によるお金の運用益分を毎回支払う保険料から予め割り引いていますので、予定利率が高いほうが割引率も高くなり保険料が安くなります。
仮に、保険会社が予定利率を3%にしていた場合、実際の利率が6%ならば差額分は配当金として契約者に支払われます。
反対に、実際の利率が予定利率を下回ってしまった場合、損失分は保険会社が被りますので契約者には損害は起こりません。
つまり、学資保険に加入する場合は予定利率の高いものに加入するのが得ということです。
ただし、保険会社が破綻してしまった場合は別の救済保険会社に引き継がれ、予定利率が大幅に引き下げられたりもしますので注意して下さい。

Google
         

用語解説

学資保険、または保険全般に特有の用語について、解説します。

関連エントリー

予定利率 保険期間と支払い期間 払い済み保険と養育年金 返戻率 満期と満期保険金 配当金 配当金 保険料と保険金 告知義務 死亡保険金と入院給付金 祝い金 主契約・特約 契約者・被保険者 医療保障・掛け捨て 学資保険と子供保険


メールマガジン
メルマガ登録・解除
学資保険メール講座
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
お読み下さい
    当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。広告配信事業者(Google社)は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、cookieと呼ばれる、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。ユーザーは Google社の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。