Top >  学資保険と貯蓄 >  高校

スポンサードリンク

高校

子どもが高校に上がるまでに、親は高校でかかる教育費を貯蓄しなければなりません。
その教育費を学資保険で貯蓄してみてはどうでしょうか。
文部科学省の子どもの学習費調査によると、全日制の公立高校では年間51万円の費用がかかるという結果が出ています。
私立高校ではなんと年間103万円の学費がかかるようです。
小・中・高校が公立の場合、必要な学費が最も高いのは高校です。
最近の学資保険の良い所は、新入学時などの節目に祝い金などの名目で一時金の支払いがあることです。
保険会社によっては幼稚園や小学校の入学時と高校入学時では、支払われる一時金の額が違う商品もあります。
その為、学費の変化にも対応する学資保険を上手く利用し、子どもに必要な教育資金を貯蓄してみてはどうでしょうか。
ただし、学資保険も保険の一つな為、中途解約の時期によっては元本割れする可能性もありますので注意して下さい。

Google
         

学資保険と貯蓄

関連エントリー

社会人 留学 大学 高校 中学校 小学校 幼稚園 学資保険と貯蓄


メールマガジン
メルマガ登録・解除
学資保険メール講座
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
お読み下さい
    当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。広告配信事業者(Google社)は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、cookieと呼ばれる、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。ユーザーは Google社の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。