Top >  学資保険と貯蓄 >  社会人

スポンサードリンク

社会人

学資保険の満期は18歳から22歳までです。
22歳という年は、大学を卒業して社会人になる年齢です。
親は子どもの将来を考えて貯蓄性のある学資保険に加入しますが、実際に子どもが18歳になった時に何を望むのかは分かりません。
しかし、分からないからこそ万が一の時の為の貯蓄が必要なのです。
学資保険が満期になる頃には、子どもは社会人として働いているかもしれません。
しかし、子どもが進学をしないと決め社会人になった場合でも学資保険を続けることをお勧めします。
なぜなら、学資保険は中途解約をすればほとんどの場合が損をする為、最後までかけた方がお得だからです。
そして、学資保険で貯蓄したお金を社会人として働き始めた子どもへのお祝いや、将来の結婚資金として手渡してみてはどうでしょうか。
もし学資保険を中途解約するならば、試算をしてもらい解約と継続のお得な方を選択することをお勧めします。

Google
         

学資保険と貯蓄

関連エントリー

社会人 留学 大学 高校 中学校 小学校 幼稚園 学資保険と貯蓄


メールマガジン
メルマガ登録・解除
学資保険メール講座
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
お読み下さい
    当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。広告配信事業者(Google社)は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、cookieと呼ばれる、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。ユーザーは Google社の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。